感度がイマイチな熟女にはどうしたらいい?

感度がイマイチな熟女にはどうしたらいい?

感度がイマイチな人には

男女間の恋愛には往々として性行為が付き物ですが、その性行為が上手くいっていないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば相手の感度が悪い。

痛がるなど。

そのような場合には性行為の行い方を変えてみましょう。

普段やらなかった事をやってみれば相手側の反応もまた違ったものになる可能性もあります。

粘液の必要性

まず、性行為――正確には男性器の挿入を痛がる場合ですが、それの原因には性器からの分泌液が少ないという事が考えられます。

これは精子などではありません。

興奮作用によって分泌される、所謂『カウパー』などと呼ばれるものです。

これが少ないと苦痛の原因となります。

考えても見て下さい。

生身の肉体と肉体がしきりに擦れ合うのです。

当然痛くなりますね。

それを防ぐ為にあのような粘液が分泌されるのです。

これは女性側も然りであり、分泌液の有無によって痛みを生じるか否かが決まると言っても過言ではありません。

しかし、粘液の分泌には個人差があり、少ない方もいらっしゃいます。

これを解消するにはローションを使うといいでしょう。

ローションは粘液の代替品になるものなので、痛みを感じるという方は躊躇わずに使ってみましょう。

また、粘液の分泌には快感が必要となります。

これは性器に対する刺激のみに限った事ではなく、キスや愛撫などの前戯などでも快感を感じ、感じさせる事が可能です。

上手に時間をかけてやる事でより一層の粘液の分泌が促進されます。

体位について

性行為では体位についても考えなければなりません。

体位の種類によっても快感の度合いが違ってくるのです。

相手と自分に合った体位を選べば当然気持ちよくなりますし、合っていない体位を選べば痛く、つまらない性行為になってしまいます。

これについてはインターネット上などで図解説している場合が多いので、調べてみるといいのではないでしょうか。

また、試してみるだけではなく、相手に『気持ちがいいか』という事も尋ねるのも必要となります。

相手が気に入らないのでは意味がありませんからね。

感度については個人差があるので、上記の方法で必ずしも改善されるとは一概には言い難いのですが、注意点に気をつけて見る事である程度は改善されるとは思われます。

諦めずに試してみる事が先決です。

熟女
ネズミ駆除を依頼する前に知っておいてほしいこと
タイトルとURLをコピーしました