西洋占星術の占い方と鑑定によって分かること

西洋占星術の占い方と鑑定によって分かること

西洋占星術のやり方

西洋占星術は、生年月日と出生時刻、出生地を元にホロスコープを作成し、そこから様々な事柄を読み解いていく占術です。

生まれた時点の星の位置によって運勢が変わるようになっており、その組み合わせは600億通りを超えます。

そんな細かく詳しいホロスコープ作成は難しいと考える人もいますが、最近では必要な情報を入力するだけでホロスコープを作成することができるアプリもあります。

西洋占星術の歴史

西洋占星術の元になる十二星座官が考案されたのは、紀元前5世紀ごろです。

この頃には、生まれた時の星の配列によって運勢が決まるという、現在の西洋占星術の基礎ができていました。

さらに、ホロスコープ占星術が登場したのも紀元前と、西洋占星術は長い歴史を持つ占術の一つです。

その後、様々な国に伝わり発展をした西洋占星術が日本に伝わったのは、1970年頃です。

日本で人気の12星座占いは、太陽占星学という西洋占星術を簡略化した占いとなります。

西洋占星術では何が占える?

西洋占星術で占うことができるのは、その人の運勢と傾向です。

未来がどうなっていくかを占うというものではなく、成功に繋がりやすい行動などを読み解いていく形となります。

そのため、西洋占星術で鑑定を行った後に重要となるのは、星の位置や運勢などを意識しながら行う行動です。

運気が伸びやすいタイミングなども読み解くことができるので、恋愛成就を目指したい、新しく何かを始めたいという場合などは、西洋占星術の活用を考えておくと良いでしょう。

それにより、成功の可能性を高めていくことができます。

タイトルとURLをコピーしました