ネズミ駆除の罠の仕掛け方-かご式の罠・粘着シート・毒餌

ネズミ駆除の罠の仕掛け方-かご式の罠・粘着シート・毒餌

ネズミ駆除に使用するワナの正しい方法を理解して、ネズミの捕獲率を上げる

ネズミ駆除の定番と言えば、かご式のワナや粘着シート、毒餌などがあげられます。

ですが、同じワナを使ったとしてもワナの仕掛け方によってネズミの捕獲率は大きく変わってきます。

ここでは、かご式のワナ、粘着シート、毒餌の三つの効果的な仕掛け方をご紹介します。

かご式のワナ

かご式のワナの場合、ワナ自体が大きく存在自体がネズミに警戒心を抱かせます。

それで、ただ単に置くのではなく、置く予定の場所に最初は餌だけ置いておきます。

まず、餌付けをしてそれからワナを設置します。もしくは、ワナを一定の期間作動しないようにする事もできます。

ただのものだという意識をネズミに植え付けて、警戒心を解かせるのです。

設置する場所ですが、必ずしもネズミが通る道上である必要はありません。

突然自分の通る道に障害物があると警戒する場合もあるからです。

ネズミが出没する付近に自然に置いておくなら、捕獲率を高める事ができるでしょう。

粘着シート

粘着シートはネズミが出没する場所に直接置くことがすすめられています。

ですが、最初は粘着シートのカバーをはがさない状態で設置するのがいいでしょう。

粘着部分はネズミも警戒して粘着シートのふちを通ってしまう事が多いからです。

最初にふちを通ってそれが習慣になると、捕獲率が低くなります。

毒餌

かご式のワナと似ていますが、最初は普通の餌を使って警戒心を緩める事が大切です。

食べた事が確認できたなら、毒餌を少しずつ混ぜて割合を増やしていくことができます。

ネズミにも餌の好みがありますから、被害にあっている食物を見て、何を餌にするかを的確に判断していくなら効率的にネズミを捕獲する事ができるでしょう。

ネズミ駆除のワナの仕掛け方についてまとめました。

基本的には、どのワナも最初にネズミを安心させる事が重要です。

ワナを設置して最初に警戒心を抱いてしまうとその後ほぼワナに近づかなくなりますから、設置する人間も焦らずに、こつこつワナを仕掛ける事で確実にネズミを捕獲しましょう。

タイトルとURLをコピーしました